検査の費用はどれくらい

medicine and health

病院を受診するときには、健康保険が適用されるようになっています。これは性感染症に関しても同じです。淋病というような性感染症の治療を行うときにも、健康保険が適用されるようになっています。病気の治療には病院に行くのが一番となっていますが、淋病の治療に関しては、性病科や泌尿器科や産婦人科となります。明らかに自覚症状があるときには、すぐに病院を受診する必要があります。また気になるのが費用に関してです。健康保険の適用に関しては、最終的に医師が判断するようになっています。ここで症状が明らかなときには健康保険の適用となります。淋病の検査は初診料と診察費と検査費用で約4,600円となります。検査キットなどを利用するという方法もありますが、病院を受診することで直接個別相談をすることができます。

淋病の検査を行うときには、どの程度の費用が必要になるのか気になります。感染を示唆するような症状があるときには保険が適用されるようになっています。しかし危険な性交渉があったというようなときには、健康保険が適用されないこともあります。費用の目安としては、淋病だけという場合は4000円から8,000円となっています。病院によってセット割引が行われていることもありますが、5項目の検査を行う際には初診料や診察料を含めて2万円程度必要になると考えておきます。少しでも費用を安くしたいと考える場合には検査キットがおすすめです。郵送で検査が行われるようになっていますが、5項目の検査を行う際に10,000円以下で受けることができます。